公開日:2019/10/27

更新日:2021/03/05

お出かけ

2020年版!車椅子でも楽しめるバリアフリー対応の紅葉スポット5選【東京編】

紅葉といえば山のイメージがあるかもしれませんが、好アクセスで気軽に行ける紅葉スポットが都内には多くあります。その中から車椅子でも行きやすいバリアフリーな紅葉スポットをご紹介します。ぜひ秋のお出かけ先に参考にしてみてください。

2020年版!車椅子でも楽しめるバリアフリー対応の紅葉スポット5選【東京編】

東京で絶景を楽しめる紅葉スポット8選

新宿御苑

2020年版!車椅子でも楽しめるバリアフリー対応の紅葉スポット5選【東京編】

【見ごろ】11月上旬~12月上旬

新宿のビル群の中に位置する新宿御苑。日本庭園のほかにイギリス・フランスなどの欧州庭園もあり、様々な景色を楽しむことができます。

園内には1万本もの樹木が植えられており、その数は都内最大級で、種類もモミジ・カエデ・ユリノキ・イチョウと豊富です。そのため見ごろも11月上旬~12月上旬と比較的長く楽しむことができます。

敷地も広大なため一度ですべてを見るのは困難ですが、季節により咲く花や葉の色なども変化するので何度行っても楽しめる紅葉スポットです。

お出かけスポット新宿御苑の詳細とバリアフリー情報を知りたい人はこちら

六義園

2020年版!車椅子でも楽しめるバリアフリー対応の紅葉スポット5選【東京編】

【見ごろ】11月中旬~12月上旬

JR山手線・東京メトロ南北線の駒込駅から徒歩7分と好立地に位置する六義園。園内にはモミジやドウダンツツジやトウカエデなどが植えられており、紅葉の時期には色鮮やかな紅色が庭園を包み、その景色はまさに絶景です。

また渡月橋や中の島の付近では水面に映る幻想的な紅葉を見ることができます。さらにつつじ茶屋や吹上茶屋など、園内にあるお店では、紅葉を眺めながら抹茶や軽食などを楽しむこともできます。

夜にはライトアップもされるため昼間とはまた違った景色になります。

お出かけスポット六義園の詳細とバリアフリー情報を知りたい人はこちら

国営昭和記念公園

2020年版!車椅子でも楽しめるバリアフリー対応の紅葉スポット5選【東京編】

【見ごろ】11月上旬~12月上旬

国営昭和記念公園は面積180万平方メートル、東京ドーム約40倍の大きさを誇る広大は公園です。一番の見どころはカナール(運河)沿いと、うんどう広場横に300mにわたり98本のイチョウが植えられているイチョウ並木です。

ピーク時は地面いっぱいの落葉が絨毯のように敷き詰められ、色鮮やかな黄色が見事です。この時期にしか味わえないこの景色はまさに一見の価値ありです。

日本庭園の付近にはイロハモミジやドウダンツツジが植えられており、イチョウ並木とは少し違って落ち着いた和の雰囲気を味わうことができます。広大な園内なので、紅葉の時期は見る場所を変えて何度も通ってみるのもおすすめです。

お出かけスポット国営昭和記念公園の詳細とバリアフリー情報を知りたい人はこちら

日比谷公園

2020年版!車椅子でも楽しめるバリアフリー対応の紅葉スポット5選【東京編】

【見ごろ】11月下旬~12月上旬

明治36年(1903)に日本初の洋風公園として開園した日比谷公園。JR有楽町駅から徒歩8分という好立地に位置し、日比谷公会堂や野外音楽堂などの施設もあり、古くから地元民に親しまれている公園です。

S字になっている園路の脇はイチョウ並木になっており、歩きながら変わっていく景色は散歩をより一層楽しいものにしてくれます。

日比谷公園の紅葉を語るうえで忘れてはいけないのが、「首賭けイチョウ」です。園内の中央付近にあるこのイチョウは伐採される予定でしたが、公園の設計者である本多静六氏が「首をかけてでも移植を成功させる」と言ったことからこう呼ばれるようになりました。

秋には隣接する松本楼で食事しながらこの立派な「首賭けイチョウ」の紅葉を楽しむこともできます。

お出かけスポット日比谷公園の詳細とバリアフリー情報を知りたい人はこちら

浜離宮恩賜庭園

2020年版!車椅子でも楽しめるバリアフリー対応の紅葉スポット5選【東京編】

【見ごろ】11月中旬~12月上旬

江戸時代から徳川将軍家によって愛されてきた歴史ある浜離宮恩賜公園。回遊式の池や鴨場、六代将軍家宣の際に植えられてた三百年の松など、大名庭園の面影を多く残しています。

秋のシーズンには鮮やかな黄色のトウカエデや紅色のモミジなど色とりどりで絵に書いたような美しい紅葉を楽しむことができます。

中島にある茶室、「中島の御茶屋」ではお茶菓子をいただきながら潮入の池に映る紅葉を眺めることができ、都会の真ん中にいながらとても優雅で贅沢な時間を過ごすことができます。

都会の喧騒を離れ秋の風情を存分に味わいたい方におすすめしたい公園です。

お出かけスポット浜離宮恩賜公園の詳細とバリアフリー情報を知りたい人はこちら

都立芝公園

2020年版!車椅子でも楽しめるバリアフリー対応の紅葉スポット5選【東京編】

【見ごろ】11月下旬~12月上旬

都立芝公園は日本で最も古い公園の一つです。そのため、園内には、クスノキ、ケヤキ、イチョウなどの大木がところどころにあります。

4号地のプロムナードは、東京タワーをイチョウとユリノキが縁取り、紅葉シーズンは絶好の写真スポットです。

人口渓谷の「もみじ谷」は、2020年の改修工事で手すりが設置されました。高さ10mの岩場から落下する滝は都心の風景とは思えません。この谷の一帯には、数種類のモミジが植えられていて、秋はいっそう風情があります。

お出かけスポット都立芝公園の詳細とバリアフリー情報を知りたい人はこちら

東京都庭園美術館

2020年版!車椅子でも楽しめるバリアフリー対応の紅葉スポット5選【東京編】

【見ごろ】11月下旬~12月上旬

「目黒駅」からも「白金台駅」からも徒歩で7分程度で行ける美術館です。

旧朝香宮邸である本館は国の重要文化財に指定されています。美術館ではありますが、その名のとおり整備された庭園が美しいことでも有名です。公園は3つのエリアに分かれており、その中の「日本庭園」は小規模ながらも、築山と池で起伏に富んだ見事な景観となっています。

美術館で作品を鑑賞したあとに、赤く色づいた庭園をのんびり散策してみてはいかがでしょうか。庭園のみの入場も可能となっています。

お出かけスポット東京都庭園美術館の詳細とバリアフリー情報を知りたい人はこちら

神代植物公園

2020年版!車椅子でも楽しめるバリアフリー対応の紅葉スポット5選【東京編】

【見ごろ】11月上旬~12月下旬

公園内に約4800種類、10万本の樹木が植えられた日本を代表する植物公園です。

イロハモミジやオオモミジなどが植えられている「かえで園」の他、メタセコイヤやイチョウなど紅葉を楽しめる植物が各所に植えられています。

再入園も可能なので、隣接する深大寺といっしょに一日かけて散策してみてはいかがでしょうか。

神代植物公園の詳細とバリアフリー情報を知りたい人はこちら

一年で今しか楽しめない紅葉を存分に堪能!

紹介したように東京都内でも紅葉の絶景スポットはたくさんあります。またこちらで紹介した公園はバリアフリー設備も整っているので車椅子の方も介助者の方も安心して楽しむことができます。

この時期にしか見ることができない綺麗な景色を見にお出かけしてみてはいかがでしょうか?

介護職のキホン

介護技術

介護サービス情報

介護資格

介護施設運営

介護レクリエーション

介護イラスト

お出かけ

研修・セミナー

マガジン

介護用語集

いいね!するには
ログインが必要です

ブックマークするには
ログインが必要です