高齢者向け
パズル

の介護レクリエーション
や素材を探す

老人ホームやデイサービス事業所などの介護施設やご自宅で印刷して使える介護アンテナオリジナルのパズルです。会員の方ならどなたでも無料でご利用いただけます。

パズルの新着レクリエーション

レクリエーションを絞り込む

カテゴリ

難易度

実施時間

フリーワード

監修者プロフィール

枝川 義邦Yoshikuni Edagawa

プロフィール
早稲田大学リサーチイノベーションセンター教授
東京大学大学院を修了して薬学の博士号、早稲田大学ビジネススクールを修了してMBAを得る。研究分野は、脳神経科学、人材・組織マネジメントなど。脳の仕組みや働きから、人間の行動や考えなどを解きほぐすアプローチをしている。著書には『「脳が若い人」と「脳が老ける人」の習慣』(明日香出版社)など。2015年度に早稲田大学ティーチングアワード総長賞、2017年度にユーキャン新語・流行語大賞を「睡眠負債」で受賞。

パズルについて

図形を使ったパズルでは、正解に適した形を探して、それを一時的に覚えることが必要です。あるときは、頭の中で方向を変えたり、2つ以上の図形を組合せたりと、複雑な作業をイメージすることにもなるでしょう。また、文字を使ったパズルでは、文字を図形のように捉えて、さらに意味のある文字や言葉を思い出さないとなりません。その過程で、集中力や注意力、記憶力、そして空間を把握する力のトレーニングになります。特に図形や文字を組み合わせたり、方向を変えたりする問題では、高齢者で弱くなりがちなワーキングメモリの強化も期待できるでしょう。

ブックマークするには
ログインが必要です