記録の取り方

介護記録はご利用者様の状態を知るうえでとても重要なツールのひとつです。適切に記録をとり、その記録を活かすことができれば、ご利用者様の生活機能の維持や状態の変化に気づくことができます。このページでは介護記録の基本的な書き方やポイントなどをわかりやすく解説しています。

※このページでご紹介するノウハウはあくまで一例であり、適切なケアは介護される方の状態によって千差万別です。実際の介助に際しては、その方にあった安全な介助を心がけてください。

ブックマークするには
ログインが必要です