公開日:2019/08/26

更新日:2019/09/19

介護食の種類:ベネッセスタイルケアの食事形態一覧

  • ブックマーク
  • いいね!6

高齢者にとって楽しみの一つであるお食事。ご利用者一人ひとりの機能・状態・体調などに合わせた食事形態が必要となってきます。 ここでは、高齢者に向けた食事形態のご紹介をしていきます。

介護食の種類:ベネッセスタイルケアの食事形態一覧

ベネッセスタイルケアの有料老人ホームで提供している食事形態

ここではベネッセスタイルケアの有料老人ホームで提供している食事形態についてご紹介します。

※ご紹介するものについてはベネッセスタイルケア独自のもので、食事形態は事業所やホームによって異なりますのでご了承ください。

食事形態の種類と提供例

※画像は一例です。施設やご利用者の状態によって異なる場合があります。

ご利用者お一人おひとりの咀嚼・嚥下などの機能の状況を確認し、その方に合った形態のお食事を提供します。

通常食

  • 咀嚼・嚥下機能には問題のない方

一口食

  • かたいもの、繊維の多いものなどの咀嚼が難しい方
  • 口の中に入れやすい大きさに切れない方

きざみ食

  • 咀嚼が難しい方
  • 嚥下には大きな問題のない方

ソフト食

  • 咀嚼は難しいが、舌と上あごで押しつぶしができる方
  • きざみ食が口の中に残る、あるいはむせてしまう方

ミキサー食

  • 食べ物を喉の方に送り込むことはできるが、形あるものでは難しい方

食事形態の機能の目安

咀嚼・嚥下の機能の状況を下記の表と照らし合わせ、食事形態の選定を行います。

※判断については自分だけでおこなわず、医師や言語聴覚士など専門職の判断を仰いでください。

献立別の食形態一覧

主食

ゼリー粥とは

おかゆをミキサーにかけるだけでは、べたついて喉にはりつきます。そこで、ミキサー粥を作る際に粘りのもとを分解する凝固剤を入れます。すると、べたつきがなく、まとまりの良いぷるんとしたミキサー粥が出来ます。

これを「ゼリー粥」と呼びます。唾液の作用を受けにくいため、離水しにくいのも特徴です。

副食

定義・大きさの目安・形状

通常食
高齢者が食べやすい大きさ・かたさに調理したお食事。かたいもの、繊維の多いものはそぎ切り又はうす切りにする。
一口食
通常食からかたいもの・繊維の多いものを除き、代替品で調理し、カットしたもの。口に入れやすく、咀嚼しやすい大きさのお食事。ティースプーンにほぼ収まる大きさ。(1cm~3cm位の長方形)
きざみ食
一口食をきざみ、味のついたとろみと混ぜ合わせたもの。咀嚼嚥下に配慮したまとまりのよいお食事。とろみと食品がしっかりまとまった状態。(2mm程度)
ソフト食
形はあるが、舌でつぶせる程度のやわらかいお食事。ムース・プリン・ゼリー状。
ミキサー食
なめらかなものから、ある程度ざらつきのあるものも含むお食事。スプーンですくえるかたさのピューレ状。

毎日の食事が生活の楽しみになるように心がける

毎日の食事を生活の楽しみにしていただくためには工夫が必要です。

お一人おひとりのお身体の状態や嗜好、生活習慣を把握し、しっかり理解・確認の上、食事に反映することが大切です。医師や看護職員、栄養士とも連携し、ご利用者にとって何が一番良いのかを考えましょう。

  • ブックマーク
  • いいね!6

ブックマークするには
ログインが必要です

いいね!するには
ログインが必要です

介護職のキホン

介護技術

介護サービス情報

介護資格

介護施設運営

介護レクリエーション

介護イラスト

お出かけ

研修・セミナー

マガジン

介護用語集

ブックマークするには
ログインが必要です