公開日:2020/04/14

更新日:2020/09/30

【動画つき】介護職のための高齢者の食事にかかわるリスク

  • ブックマーク
  • いいね!11

※動画は記事の最後でご紹介しています※高齢になると、摂食嚥下機能が低下してきます。ここでは嚥下機能が低下することで起こりやすい3つのリスクをご紹介します。

【動画つき】介護職のための高齢者の食事にかかわるリスク

嚥下機能低下により高まるリスク

嚥下機能が低下することで起こりやすくなる事故・症状は3つあります。

1.誤嚥

誤嚥とは

誤嚥とは食べ物や飲み物、唾液などが、食道ではなく気管に入ってしまうことです。本来、空気しか通らない肺に異物が入ることで、誤嚥性肺炎を引き起こし、最悪の場合死に至ることもあります。

誤嚥を疑うサイン

  • むせ
  • 痰がらみ
  • ガラガラした声

※誤嚥していてもむせない場合もある

2.窒息

窒息とは

窒息とは空気の通り道である気道が、食べ物などで塞がれ呼吸ができなくなってしまう状態をいいます。即、生命に関わる危険な状態です。

窒息時に見られることのある状態

  • 急に黙り込む
  • 顔色が悪い、チアノーゼになる、呼吸をしていない、声が出ない
  • 急に動きが止まる
  • 意識がなくなる(ぐったりしている)
  • 苦しそうな様子(胸を叩くなど)

※チョークサイン(喉に手を当てるなど窒息を周りに知らせるサイン)をとらず、身動きせず黙って座っていることがあります。

3.低栄養、脱水

低栄養、脱水とは

体に必要なエネルギーやたんぱく質などの栄養素や水分が不足している状態を言います。低栄養状態が長く続くと、体力や免疫力の低下により転倒しやすくなる、感染症を起こしやすくなる、認知機能が衰えてくるなど様々な悪影響があります。

低栄養、脱水を防ぐには

低栄養、脱水を防ぐには下記の3つを介護記録などでこまめにチェックするようにしましょう。

  • 食事量
  • 水分量
  • 体重

誤嚥を防ぐためのとろみの活用

高齢者にとって、もっとも誤嚥のリスクの高い食品は、お茶・水などのさらさらした液体の飲み物です。とろみをつける技術は食事のケアに必須です。しっかり身につけましょう。

液体のむせやすさを解決するのが『とろみ』。とろみをつけることで、液体が喉に流れ込むスピードを遅くして、まとまりやすくなります。

液体が誤嚥しやすい理由

  1. 液体は流れが速いので、嚥下反射が間に合わない
  2. 液体はまとまりがないので、喉で飛び散りやすい

とろみの基礎知識と注意するべきポイント

とろみはその方にあった濃度を選ぶ

とろみはその方に合った濃度を選ぶことがとても重要になります。

基本的に嚥下障害の重症度ととろみの濃さは比例し、嚥下障害の軽い方のとろみは薄く、嚥下障害の重い方のとろみは濃くなります。

とろみが薄すぎると 誤嚥の危険が高まりますし、濃すぎるとかえって飲みにくくなって、水分摂取がすすまなくなってしまうこともあります。

とろみの濃度の見極め方

その方に適したとろみの濃度はすぐに判断ができません。さまざまなタイミングで何度か様子を見ます。

観察のポイントは主にむせの状態と、水分の進み具合です。いくつかの段階のとろみを試しながら、その中で、むせにくく、できるだけ薄いとろみをつけます。

いまつけているとろみでむせが目立ってきたら、濃度を少し濃くしてみることを試してみましょう。

とろみのつけ方

とろみをつける前に確認すること

  1. 飲み物の分量を確認
  2. その方に合ったとろみ量を確認
  3. 計量スプーンで正しく計量

とろみをつける手順

  1. 容器に飲み物を入れます
  2. 飲み物に適切な分量のとろみの粉を入れます
  3. 30秒間、攪拌します
  4. 2~3分待つと適切なとろみの状態になるので、とろみの具合を確認してから提供します

知っておきたいポイント

  • 撹拌から少し時間(2~3分)をおくと、とろみは安定します
  • 飲み物が熱いときはとろみは薄くなります
  • 粉が溶けてなくなっているように見えても、しっかりしたとろみをつけるには30秒しっかり攪拌します
  • とろみをつけた飲み物に、さらにとろみの粉を加えてはいけません。粉を追加するとダマになってしまうので、作り直しをしましょう
  • とろみの粉は容器に飲み物を入れた後に入れます。先に入れる場合は乾いている容器を使いましょう

※とろみ製品によって使用方法は異なる可能性がありますので、とろみ製品に表示されている方法に従ってください。

安全にお食事をしていただくために

誤嚥のリスクを伴う食事介助では、摂食・嚥下のメカニズムを理解して介助を行うことが大切です。

ご利用者がより安全に食事できるように、3つのリスクを理解し、状態に合わせて適度にとろみをつけるなどの工夫を行い、その方に合う食事サポートを心がけましょう。

【動画】誤嚥防止のためのとろみの基礎知識

介護アンテナ会員の方は動画で一連の流れを見ることができます。※会員登録は無料です。

全文の表示には
ログインが必要です。
※介護アンテナはすべてのコンテンツを
無料でご利用いただけます

会員登録(無料)をして
全文を表示する
  • ブックマーク
  • いいね!11

ブックマークするには
ログインが必要です

いいね!するには
ログインが必要です

介護サービス情報

介護職のキホン

介護技術

介護資格

介護レクリエーション

介護イラスト

お出かけ

研修・セミナー

マガジン

介護用語集

ブックマークするには
ログインが必要です