公開日:2020/03/27

更新日:2021/04/01

【正しいマスクの付け方・外し方】介護職が徹底するべき感染予防対策

  • ブックマーク
  • いいね!14

感染症予防のためにはずせない対策のひとつがマスクの着用です。このページでは介護職が徹底するべき正しいマスクの着脱方法や着用時の注意点をご紹介します。

【正しいマスクの付け方・外し方】介護職が徹底するべき感染予防対策

正しいマスクの着脱方法を徹底しよう

ご利用者の安心安全の確保はもちろんのこと、自身の身を守ることにもなります。正しいマスクの着脱をすることでしっかり感染症を予防しましょう。

マスクのつけ方

1.マスク装着前に手洗いを行う

正しい手の洗い方については下記の記事をご確認ください。

介護まるわかり介護職が徹底するべき正しい手洗い・うがいの方法とタイミング

2.マスクを装着し、ノーズクリップを鼻の形にあわせる(隙間をなくす)

介護職が徹底するべき正しいマスクの付け方・外し方

マスクの表裏(プリーツを広げたときに山になるほうが表)を確認し、装着。

3.プリーツを伸ばし、あごの下までカバーする

介護職が徹底するべき正しいマスクの付け方・外し方

顔に手をあて隙間なく、しっかり顔にフィットしているか確認する。

4.装着完了

介護職が徹底するべき正しいマスクの付け方・外し方
マスクを装着時の注意点
  • きちんと鼻までマスクで覆えているか確認する
  • マスク装着後は、マスク表面が不潔(汚染面)となるため、装着後は手を触れないようにする

マスクの外し方

1.マスク表面(汚染面)に触れないよう、紐の部分をもって外す

テスト テスト

2.そのままゴミ箱へ捨てる

介護職が徹底するべき正しいマスクの付け方・外し方

極力ほかの場所に触れずに、ごみ箱に捨てます。マスクを捨てるゴミ箱は細菌が飛ばないよう、蓋つきのごみ箱をおすすめします。

3.手洗いを行う

使用済のマスクを触ったので、マスクを外した後は正しい方法でしっかりと手洗いを行いましょう。

正しい着脱方法でしっかりと予防を!

マスクをしているとそれだけで予防できている気分になりますが、正しい付け方・外し方をしないと十分な予防とは言えません。また、マスクを付ける前、外した後は手にウイルスが付着している可能性がありますので、しっかり手洗いも行いましょう。

ご利用者と自分の命を守る行いであるということを意識して取り組むことが重要です。

※記事の内容は2021年3月時点の情報をもとに作成しています。

著者プロフィール

介護アンテナ編集部Kaigo Antenna Editorial Department

プロフィール
株式会社ベネッセスタイルケア運営の介護アンテナ。編集部では、ベネッセの25年以上にわたる介護のノウハウをはじめ、日々介護の現場で活躍している介護福祉士や介護支援専門員(ケアマネジャー)、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの高齢者支援のスペシャリストたちの実践知や日々のお仕事に役立つ情報をお届けします!


介護アンテナについてはこちら
  • ブックマーク
  • いいね!14

ブックマークするには
ログインが必要です

いいね!するには
ログインが必要です

介護職のキホン

介護技術

認知症ケア

病気・薬

介護サービス情報

介護資格

介護施設運営

介護レクリエーション

介護イラスト

薬辞典

お出かけ

研修・セミナー

マガジン

介護用語集

ブックマークするには
ログインが必要です