公開日:2019/09/03

更新日:2020/04/15

清拭介助の方法とコツを分かりやすく解説!

  • ブックマーク
  • いいね!12

清拭とは身体を蒸しタオルなどで拭き、清潔を保つことを指します。入浴ができない場合に、清拭により清潔を保ち、感染や褥瘡を防ぎます。この記事では、清拭介助の際に準備すること、手順・ポイントをわかりやすくご紹介します。

清拭介助の方法とコツを分かりやすく解説!

清拭介助の方法

清拭介助の前に準備しておくこと

  1. 室温を23℃~25℃前後に保ち、寒すぎず暑すぎないようにし、すきま風が入らないようにする
  2. 居室のカーテンは閉めるなどして、ご本人のプライバシーが保たれる状態にする
  3. バケツやタオルなど必要な物品を準備する

清拭介助の手順

  1. ふとんなどのかけものを外す
  2. 拭く部分の衣類を脱いでいただき、バスタオルで覆っておく
  3. タオルは熱過ぎないように温度を確かめてから手の中に納まる程度に折りたたむ

    ※タオルの端の部分がお身体にあたらないように中に折り込む
  4. 顔→耳→首→手・腕→身体(胸・腹)→足→背中→臀部→陰部の順番で拭く
    ※拭いたら面を変えて、同じ面で二度ふかないようにする
  5. 石けんは陰部清拭のみに使う(皮脂をとりすぎないため)
  6. お湯で絞ったタオルでふいた後は、乾いたタオルで水気をとる
    ※冷えないように、すぐに乾いたタオルでふきとる
  7. 皮膚の状況により保湿する
  8. 終わったところでご本人の体調・気分を確かめ、水分補給をする

部位ごとに違う清拭介助時のポイント

頭の清拭

頭を蒸しタオルで包み、ビニールで覆って蒸す。蒸している間に身体を拭くと良いが、冷めやすいので注意。冷める前にタオルで清拭を行う。

目の周辺の清拭

目頭から目尻に向かって拭く。目やにが多いとき、固まっている時は蒸しタオルで温めてから拭く。タオルは毎回拭く面を変え、同じ面を2回使わない。

耳の清拭

耳の後ろ、中を拭く

首の清拭

顎の下のしわを縦にのばし横向きに拭く

手、腕の清拭

手首から腕の付け根に向かって拭く。指の間、脇の下も丁寧に拭く。

※血液循環を促進させるために、抹消(手先、足先)から拭いていきます。

身体(胸)の清拭

乳房のまわりは円を描くように拭く。乳房の下は汚れがたまりやすいので念入りに拭く。

身体(腹)の清拭

腹部は縦に拭く。便秘になりやすい方には、腹部を温めたり、「の」の字をかくようにマッサージをすると効果的。

足の清拭

足首を支え、足先から足の付け根に向かって拭く。指の間、足の甲、ひざの後ろは汚れやすいので念入りに拭く。

※血液循環を促進させるために、抹消(手先、足先)から拭いていきます。

背部、臀部の清拭

背中、臀部は大きな動作で肋骨に沿うように拭く。陰部は石けん、陰部清拭用のウェスを使って清拭する。

陰部洗浄は下記の記事でもご紹介しています。

関連記事【介護技術】排泄介助:陰部洗浄・清拭の方法・コツ|介護アンテナ

清潔を保つだけではない清拭

清拭は身体の清潔を保つだけではなく、身体を拭くことにより血液の循環を促したり、全身を観察し、異常はないか確認できる良い機会になります。

肌の状態により、ご本人それぞれ適切な力加減というのは調整が必要なので、簡単に思えて難しいケアでもあります。ぜひ声がけをしたり、ご本人の様子を伺いながら実施してください。

  • ブックマーク
  • いいね!12

ブックマークするには
ログインが必要です

いいね!するには
ログインが必要です

介護サービス情報

介護職のキホン

介護技術

介護資格

介護レクリエーション

介護イラスト

お出かけ

研修・セミナー

マガジン

介護用語集

ブックマークするには
ログインが必要です