公開日:2019/08/30

更新日:2019/09/30

介護レク

おすすめの高齢者向け介護レク素材:お金の計算問題編

子どもの頃、お母さんにおつかいを頼まれてたり、そのお駄賃で駄菓子がどれだけ買えるか一生懸命計算した方も多いのではないでしょうか。

認知機能の簡易チェックにも使われる計算力を衰えさせないために日々のトレーニングにご利用いただけるお金の介護レク素材を集めました!

おすすめの高齢者向け介護レク素材:お金の計算問題編

編集部が選ぶ!高齢者向けお金の介護レク素材5選

1.小銭の計算 -No.00005/初級

介護レク素材お金の計算問題-No.00005

まずは初級の小銭の計算からチャレンジしてみることがおすすめです。紙に描かれた小銭を数えてみましょう。

初級問題なので少し簡単すぎるという方は、問題の答えでいくらのお菓子がいくつ買えるのかなどをさらに問題を展開するのもおすすめです。

2.そろばんの計算問題 -No.00035/中級

介護レク素材そろばんの計算問題 -No.00035

高齢者の方の中には、電卓よりそろばんの方がなじみのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際のそろばんを触っていただく方がより楽しく計算できるかもしれませんね。

頭を使うだけではなく、指を動かすことも認知症の予防に効果的とされています。そろばんになじみのある方にはぜひ本物のそろばんで計算していただくとよいでしょう。

3.お買い物の計算問題-No.00148/初級

介護レク素材お買い物の計算問題-No.00148

この介護レク素材は、ストーリー性のある問題になっています。子どもの頃おつかいにいった思い出を話しながら取り組んでいただくことも、認知機能の維持・向上に効果的です。

4.お買い物の計算問題-No.00155/中級

介護レク素材 お買い物の計算問題-No.00155

足し算引き算掛け算…。ちょっと複雑になってきました。お店屋さんごっこ遊びをしながら解いてみるのもおもしろそうです。

問題文を声に出して読むことも発声機能の低下を予防するという側面からもおすすめです。ぜひ挑戦してみてください。

5.お買い物の計算問題 -No.00162/上級

介護レク素材お買い物の計算問題 -No.00162

お買い物の計算問題の上級で、割引が出てきます。

難易度の高い問題となっていますので、余白やメモ用紙などに書きながら解くと、順序だてて考えることができます。

暗算が難しければ、電卓やそろばんを使っても良いですね。解けた!という成功体験が楽しさや自信にも繋がります。

「計算力」を衰えさせないお金の介護レク素材

高齢者の方にとって脳トレは認知機能の低下予防に良いとされています。

可能であれば継続していただき、問題を解く時間を計りながら挑戦していただくと、ご自身の成長が目に見えてやりがいに繋がります。

まずは楽しく毎日続けられるレクリエーションであることが第一ですので、無理のない難易度のもので、おつかいの思い出などの会話と共にチャレンジしていただくと、より効果的なレクリエーションとなるでしょう。

介護サービス情報

介護職のキホン

介護技術

介護資格

介護レクリエーション

介護イラスト

お出かけ

研修・セミナー

マガジン

介護用語集

いいね!するには
ログインが必要です

ブックマークするには
ログインが必要です