介護用語集

成年後見制度
の用語解説

2000年の介護保険の導入をきっかけに、民法改正によって制度化された知的障害、精神障害、認知症などが原因で判断能力が十分ではないと判断された人に対し、本人の権利を守る援助者を法的に選任し、本人に代わり身上保護や財産管理、契約などの法律行為に関することを行う制度。

関連ワード:法定後見任意後見人市民後見人

ブックマークするには
ログインが必要です