介護用語集

法定後見
の用語解説

民法にもとづき、認知症などで自身の判断能力が不十分となったとき、親族などが家庭裁判所に後見人の選任を申し立て、家庭裁判所が後見人などを選任する制度。判断能力があるうちに自身で決める任意後見とともに成年後見制度の一翼をなす。

関連ワード:任意後見人

ブックマークするには
ログインが必要です