介護用語集

社会福祉基礎構造改革
の用語解説

1998年、中央社会福祉審議会から出されていた意見を受け、戦後、長い間続いていた措置制度を契約制度に転換し、国民の自助と事業所など民間のサービスを活用し、少子高齢社会の進展に伴う社会福祉の支出の増大を抑制すべく、民活導入によって社会福祉の制度を構造そのものから改革しようとする政策。社会保障構造改革の一環。

ブックマークするには
ログインが必要です