介護用語集

非言語コミュニケーション
の用語解説

言葉を使わずコミュニケーションを図る技術。ノンバーバルコミュニケーションともいう。言語コミュニケーションが言葉を介した伝達方法であるのに対し、非言語コミュニケーションは顔の表情や身ぶり手ぶり、アイコンタクト、しぐさなどで思いを伝える。介護の現場では、とくに言葉で気持ちを伝え合うのが難しくなる認知症の人とコミュニケーションをとる際、重要になる。

関連ワード:言語的コミュニケーション

ブックマークするには
ログインが必要です