公開日:2021/09/15

更新日:2021/09/15

遠距離介護
の用語解説

要介護者の介護のため、その家族などの介助者が遠路より定期的に要介護者の住む地域へ通い、介護サービスを行うこと。新幹線や高速バスの利用者が多い。その背景には、要介護者である老親の友人や知人に囲まれたコミュニティへの執着、実家を離れて社会生活を送る子ども夫婦との乖離(かいり)のほか、地方における限界集落化、過疎化、農林水産業の衰退がある。

監修者プロフィール

川村 匡由Masayoshi Kawamura

プロフィール
社会保障学者・武蔵野大学名誉教授。博士(早稲田大学)、行政書士有資格、福祉デザイン研究所所長、地域サロン「ぷらっと」主宰。1994年、つくば国際大学教授に就任後、武蔵野大学大学院教授を歴任。専門は社会保障、高齢者福祉、地域福祉、防災福祉。シニア社会学会・世田谷区社会福祉事業団理事。主著に『社会保障(編著)』『相談援助(同)』建帛社、『介護保険再点検』ミネルヴァ書房、『地域福祉とソーシャルガバナンス』中央法規出版、『防災福祉コミュニティの形成 実践編』『老活・終活のウソ、ホント70』大学教育出版、『脱・限界集落はスイスに学べ』農文協など。山岳紀行家でもあり、メディアに多数登場。

介護職のキホン

介護技術

介護サービス情報

介護資格

介護施設運営

介護レクリエーション

介護イラスト

お出かけ

研修・セミナー

マガジン

介護用語集

ブックマークするには
ログインが必要です