公開日:2019/09/09

更新日:2021/03/03

お出かけ

【2019年9月】バリアフリーな美術館・博物館のおすすめ企画展(東京都内)

芸術を楽しむには最適な季節になりましたね。東京の各美術館では、この時期たくさんの企画展やイベントが開催されています。

このページでは車椅子の方でも安心なバリアフリー対応の美術館・博物館で2019年9月開催されるおすすめの企画展やイベントを紹介します。

【2019年9月】バリアフリーな美術館・博物館のおすすめ企画展(東京都内)

9月に東京で開催されているおすすめ企画展5選!

国立西洋美術館

【2019年9月】バリアフリーな美術館・博物館のおすすめ企画展(東京都内)

                            © 国立西洋美術館

国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展

【会期】2019年6月11日(火)~2019年9月23日(月・祝)

タイトル通り、国立西洋美術館開館60周年を記念し、開催されています。

同美術館は創設者でもある松方幸次郎氏のコレクションを基礎に展示されていますが、松方コレクションではそんな価値ある美術品の中でも有名な作品が数々展示されています。

見どころは、現在はフランスのオルセー美術館に展示されているゴッホの「アルルの寝室」や1921年に松方氏がモネから直接譲り受けた代表的な作品である「睡蓮」なども見ることができます。

また、各作品にはそれぞれ「いつ」「どこで」購入されたのかなどといった情報も記載されているので、その作品の来歴についても知ることができます。

ゴッホの「アルルの寝室」のように普段は日本では見られない作品でもあるので、それらの美術品たちを見られる貴重な企画展です。

お出かけスポット国立西洋美術館の詳細やバリアフリー情報はこちら

江戸東京博物館

【2019年9月】バリアフリーな美術館・博物館のおすすめ企画展(東京都内)

いきものがたり —江戸東京のくらしと動物—

【会期】2019年8月6日(火)~2019年9月23日(月・祝)

江戸東京で暮らす人々にとっていきものは労働力でもあり、可愛がるための癒しでもありとても身近な存在でした。そんないきものたちにフォーカスを当てた企画展です。

江戸時代以降に庶民にもいきものを可愛がるための文化が広がるようになり、犬や猫を愛でる様子を描いた浮世絵や明治時代から始まった競馬やサーカスの様子を描いた絵画、動物をモチーフにした生活用品やおもちゃなど館蔵資料を中心に4つの構成で紹介しています。

バラエティーに富んでいるだけでなく、体験ゾーンではリアルに動物図を触ってめくる絵などもあり、老若男女問わず楽しめる展示会です。

お出かけスポット江戸東京博物館の詳細やバリアフリー情報はこちら

東京国立博物館

【2019年9月】バリアフリーな美術館・博物館のおすすめ企画展(東京都内)

日中文化交流協定締結40周年記念 三国志

【会期】2019年7月9日(火)〜2019年9月16日(月・祝)

ゲームやアニメ、小説などの作品も多くあることから、今や日本でも高い人気を誇る三国志。
三国志の始まりから終焉までその歴史を、数々の出土品ともに見ることができます。

また2009年、三国志研究最大の発見とも言われ、幾多の英傑のなかでも抜群の知名度を誇る曹操の墓と思われる遺跡が発見されました。

同企画展一番の見どころでで、三国志ファン必見なのが、埋葬当時のすがたを復元した曹操墓です。

そのほか近年中国で発掘された文物や、日本初公開の出土品も多数展示されているので本物の三国志を肌で感じたい方におすすめの企画展です。

お出かけスポット東京国立博物館の詳細やバリアフリー情報はこちら

すみだ北斎美術館

【2019年9月】バリアフリーな美術館・博物館のおすすめ企画展(東京都内)

北斎没後170年記念 茂木本家美術館の北斎名品展

【会期】2019年9月10日(火)〜2019年11月4日(月)

茂木本家美術館は、キッコーマン創業家である茂木本家十二代当主茂木七左衞門氏の美術品を収蔵している美術館で、北斎の代表的なシリーズでもある「冨嶽三十六景」「諸国名橋奇覧」「諸国瀧廻り」などを展示しています。

そのほかにも、マスコット「せんとくん」の制作者である彫刻家・籔内佐斗司により制作された北斎の彫刻など、北斎関連の作品など前後期合わせて116点が展示されています。

同美術館ではこれほどの北斎関連の作品を一挙に公開するのは初の試みとなるので、北斎作品を存分に楽しめるボリューム満点な企画展となっています。

お出かけスポットすみだ北斎美術館の詳細やバリアフリー情報はこちら

江戸東京たてもの園

【2019年9月】バリアフリーな美術館・博物館のおすすめ企画展(東京都内)

【会期】2019年07月23日(火)~2019年09月29日(日)

特集展示 FUROSHIKI TOKYO

2018年、「東京からパリへの贈り物」として東京都はパリ市庁舎前広場に大きな風呂敷包みを贈りました。併せてら日本の伝統・文化・芸術でもある風呂敷の魅力を伝えるべく、インスタレーションやワークショップなど様々なアートイベントを行ってきました。

この企画展ではパリで展示されたアーティストによってデザインされた風呂敷が全点公開されます。ニコラ・ビュフ氏やコンスタンス・ギセ氏をはじめ、草間彌生氏や北野武氏など錚々たる面々によって制作された風呂敷たちは必見の価値あり!です。

お出かけスポット江戸東京たてもの園の詳細やバリアフリー情報はこちら

9月は見逃せない企画展が盛りだくさん!

いかがでしたか?9月にはさまざまな美術館や博物館で企画展が開催されていますが、その中でも介護アンテナ編集部おすすめの5つを紹介しました。

こちらで紹介した美術館・博物館はすべてバリアフリー設備が整っているので、車椅子の方でも安全に楽しく鑑賞することができます。

企画展はこの機会でしか見られない展示物もたくさんあるので、興味のある企画展や作品があったらぜひ足を運んでみてください。

介護職のキホン

介護技術

介護サービス情報

介護資格

介護施設運営

介護レクリエーション

介護イラスト

お出かけ

研修・セミナー

マガジン

介護用語集

いいね!するには
ログインが必要です

ブックマークするには
ログインが必要です