オンライン

2021年12月08日(水) 14:00~17:00 ( 受付 13:30~ )

~短時間で適切な内容を表現する~ 相談援助職の記録の書き方(12/8オンライン)に関する詳細情報

  • 相談援助職
  • 管理職・リーダー
場所
オンライン
参加費用の詳細
一般 : 6,000円
法人会員 : 5,000円
個人会員 : 5,000円
内容
【概要】
複数の専門職員が一人の利用者の方に関わりながら、ケアをしていく中で、記録はとても大きな役割を果たしています。利用者の方の気持ちを相談者として客観的に捉えながら、より良い支援につなげるために、相談援助職としてどのように記録に書き、どこまで書けばよいかがわからない、と悩んでいる人多いのではないでしょうか?本研修では、援助職としての記録のあり方や書き方について、対人援助支援の際、活用できる記録方法等を紹介しながら実践的に学びます。

【内容】
≪カリキュラム≫
◆援助職に求められる記録とは
◆記録作成における重要事項とは
 ・情報収集の方法
 ・必要備品について
◆実践で活用できる記録のフォーマット
(SOAPノート)
 ・ 専門家として適切な表現集

【講師】
八木 亜紀子 氏
福島県立医科大学 放射線医学県民健康管理センター 

【対象】
介護福祉関係者及び興味のある方

----------------------------------------------------------------------
【申込方法】
下記ホームページをご確認ください。

※2021/10/20時点の情報です
主催・問い合わせ先
公益社団法人 かながわ福祉サービス振興会
電話
045-210-0788
FAX
045-671-0295
ホームページ
https://www.kanafuku.jp/plaza/seminar/detail.php?smn_id=2739

介護職のキホン

介護技術

介護サービス情報

介護資格

介護施設運営

介護レクリエーション

介護イラスト

お出かけ

研修・セミナー

マガジン

介護用語集

ブックマークするには
ログインが必要です