参加費用有料

オンライン

2021年4月21日(水)20:00~21:30

新たなデイの運営基準に沿った環境づくりから地域への参加【2】(4/21オンライン)に関する詳細情報

  • 管理職・リーダー
  • 経営者
場所
Zoom
参加費用の詳細
5,000円(税込)※資料代含む
内容
【概要】
生活の営み支援→地域に開かれたサービス→地域交流・連携・参加へ
この度の制度改正では【地域連携・地域交流】がキーワードとなっており、「食事」「排泄」「入浴」の三大介助とレクいう従来の「介護のイメージ」を覆す、ご利用者の「できること」に着目した「働けること」や「社会参加」、災害時における地域ぐるみの対策・展開など、地域に開かれたデイとして今、在り方が求められています。一方で介護事業者側の「社会参加」のニーズと、社会で求められる「仕事」や「役割」とのマッチング、介護事業者側が地域で埋もれている地域資源の発掘、地域住民への理解など、やらなければならない課題もまだまだたくさんあります。今後の介護需要の拡大、利用者が求める介護の質の変化が予測される中、専門性と創造性豊かな新しい介護の魅力を発信し、「お世話をする人」という従来の介護を変えるために介護事業者は何をしなければならないのか。まずは通所系サービスの皆さまが地域連携をするための環境づくりの一歩を踏み出していただくためにリアルな声をお届けするため「今回お伝えする講師だって失敗している!失敗を恐れないための失敗談」を各講師にお伝えいただきます。今求められているデイの在り方を「事業所内・外」それぞれの環境づくりの視点を具体的かつ実践的に学んでいただけます。

【内容】
◎2024年の改定では努力義務ではなく義務になるのでは??それまでにどう動くべきか
◎地域連携、地域交流…ご利用者が地域社会で何らかの役割、あるいは生きがいを感じられるようにするための計画書への落とし込み方、ケアマネジャーとの情報共有の仕方
◎体の移動と心の移動について→「物つくり」を外に発信しよう
◎事業所・介護従事者の役目は?
◎ローカルルールをどのようにするか?

【講師】山出 貴宏 氏
株式会社NGU 代表取締役/生活維持向上倶楽部「扉」 管理者
ーーーーーーーーーーーーー
【申込方法】
下記ホームページをご確認ください。

※2021/3/26時点の情報です。
主催・問い合わせ先
日本通所ケア研究会事務局/NPO法人日本介護福祉教育研修機構
電話
084-971-6686
FAX
084-948-0641
ホームページ
https://tsuusho.com/social_participation_activities

介護職のキホン

介護技術

介護サービス情報

介護資格

介護施設運営

介護レクリエーション

介護イラスト

お出かけ

研修・セミナー

マガジン

介護用語集

ブックマークするには
ログインが必要です