参加費用有料

定員30人

オンライン

2022年3月7日(月)20:00~22:00 (開場 19:45)

オンラインセミナー「2022年度診療報酬改定とリハビリ部門マネジメント」(3/7オンライン)に関する詳細情報

  • 管理職・リーダー
場所
Zoom
参加費用の詳細
3,000円(クレジットカード決済のみ)
※クレジット決済後にpaypalよりメール送付される利用明細が領収書として使用可能
※税務署の指導にてクレジット決済の場合、当社の領収書は発行できません
定員の詳細
30名限定(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
内容
【概要】
前回の2020年度の診療報酬改定では、急性期病棟、回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟、外来リハビリの質の向上が図られました。
そのため、医療保険におけるリハビリテーションはサービスの質だけでなく、その幅の広さも求められる状況になっています。

2022年度のリハビリテーション分野の診療報酬改定においては、さらなるリハビリテーション医療の拡張が議論されています。
従来から継続している「疾患別リハビリテーション」の枠組みを超えたリハビリテーションの仕組みが議論されており、リハビリテーション職種のキャリアデザインや教育にも大きな影響を与える改定になりそうです。
また、前回の診療報酬改定より実施されている「働き方改革」や「ワークライフバランス」にも配慮された改定も予想されます。

具体的には施設基準である人員要件の緩和やタスクシフティングなどがさらに推進されると考えられます。
したがって、リハビリ部門は今まで以上に複雑なマネジメントが必要とされます。
・効率的にアウトカムを出す体制
・在宅復帰や在宅生活を継続するための前方連携・後方連携
・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等のリハビリ職種の多様な能力の開発
など多くのマネジメントがリハビリ部門には求められるでしょう。

今後のリハビリテーション部門の運営では疾患別リハビリテーションの運営だけでなく、経営戦略や人材育成のマネジメントが必須と言える状況が完成しつつあります。
本セミナーではMBAホルダーでもある高木綾一氏(株式会社Work Shift代表取締役)より以下の内容について学ぶことが出来ます。


【内容】
1)2022年度診療報酬改定の概要と傾向
2)2022年度診療報酬改定がリハビリ部門に与える影響と対策
3)これからのリハビリ部門のマネジメントの重要ポイント


【14日間の見逃し配信について】
※当日、受講できない方および受講された方の復習動画として後日視聴できる見逃し配信を行います。
※セミナー開催の翌日にお申込みをいただいたメールアドレスに見逃し配信のURLとパスワードを送付いたします。
※セミナー開催の翌日から14日間視聴可能となっています。


【講師】高木 綾一 氏
株式会社Work Shift 代表取締役/国家資格キャリアコンサルタント/リハビリテーション部門コンサルタント/医療・介護コンサルタント/理学療法士/認定理学療法士(管理・運営)/呼吸療法認定士/修士(学術/MA)(経営管理修士/MBA)/関西医療大学保健医療学部 客員准教授


【対象】理学療法士/作業療法士/言語聴覚士/その他マネジメントに関わる方

-------------------------------------------------------
【申込方法】
下記ホームページをご確認ください。

※2022.1.21時点の情報です
主催・問い合わせ先
株式会社Work Shift
電話
080-2534-3947
ホームページ
https://www.workshift.info/seminar/?id=668

介護職のキホン

介護技術

認知症ケア

介護サービス情報

介護資格

介護施設運営

介護レクリエーション

介護イラスト

お出かけ

研修・セミナー

マガジン

介護用語集

ブックマークするには
ログインが必要です