介護用語集

平穏死
の用語解説

在宅や施設で暮らす終末期の人が対し、延命治療を行わず、自然のままに安らかな最期を迎えること。老衰、自然死と同義。特別養護老人ホーム(特養)に勤務する石飛幸三医師がその著書で使ったのが最初といわれる。

関連ワード:自然死

ブックマークするには
ログインが必要です